© 2020  toyou,co,ltd

ZIP 573-1159
kurumazuka1-1-1-6F-9,hirakata-city,Osaka-Prefecture,japan

TEL:+81-72-807-8560

​E-mail:info@toyou.co.jp

脳温推測

 

選択的脳冷却機構

脳の温度は生命維持にとって非常に重要です。

動物の中には脳の温度を優先的に冷却する機構を保持している種があります。

その機構は「選択的脳冷却機構」と呼ばれています。

ヒトのもつ「選択的脳冷却機構」を脳温推測に応用したものがlobesenseです。

※選択的脳冷却機構の例

象がサバンナで耳をパタパタさせる

犬が舌を出してハッハッハッと浅く呼吸する

脳温推測

耳垂部(耳たぶ)温度は脳の温度が良好な場合他の部位よりやや低いですが、脳温が上がると相関性をもって上昇します。

そして耳垂部を冷却すると脳温は他の部位を冷却するより効果的に脳温を低下させます。

これは耳垂部には「選択的脳冷却機構」の役目が存在すると想定されます。

lobesenseはこの温度の推移をAIによる解析を行うことで脳温を推測します。